会員企業のホット情報
法人会とは?
本会facebook
青年部会
青年部会facebook
女性部会
各種相談窓口
YOROZU相談窓口
税務相談:税理士会川口支部
ひまわりホットダイヤル
埼玉県よろず支援窓口相談
地域貢献イベント
第2回法人会祭り SKIPふれあいフェス2017
川口市産品フェア
川法の研修制度
MBS
S-Tax アカデミー
子供たちへの租税教育
女性部会推進プロジェクト
ウーマノミクス
いちごプロジェクト
便利コンテンツ
社会保険料を算出!
調べる!探せる!先進医療サーチ
おすすめサイト
会員交流広場

【埼玉建興】 次世代育成型私募債を活用し幸町小学校に実験備品を寄贈

2017年07月4日

DSCF9258

 

 埼玉建興株式会社と埼玉りそな銀行川口支店は6月27日、同行の次世代育成型私募債を活用し、川口市立幸町小学校に水槽などの実験備品やテレビを寄贈した。同私募債は、発行した企業から受け取る手数料の一部で教育備品を購入し、県内の幼稚園や学校などに寄贈する制度。今回は、埼玉建興が私募債を発行し、本社から近い地元小学校を寄贈先として選んだ。埼玉建興の武井美親社長は、「社債を発行して学校に寄贈するのは素晴らしい仕組み。楽しい学校生活を送ってもらえるように、寄贈品を活用していただきたい」と語り、黒沢誠校長は「地域の皆さまからに期待を感じる。今後とも職員一同、子供たちとともに頑張っていきたい」と話した。(以上、埼玉新聞7月1日掲載より)