税制改正ニュース一覧
法人会とは?
本会facebook
本Twitter
川口法人会youtube
川口法人会インスタグラム
青年部会
青年部会facebook
女性部会
各種相談窓口
YOROZU相談窓口
税務相談:税理士会川口支部
ひまわりホットダイヤル
埼玉県よろず支援窓口相談
地域貢献イベント
第4回法人会祭り SKIPふれあいフェス2019
川口市産品フェア
川口市産品フェア
川法の研修制度
MBS
S-Tax アカデミー
経営力UPセミナー
子供たちへの租税教育
女性部会推進プロジェクト
ウーマノミクス
いちごプロジェクト
便利コンテンツ
社会保険料を算出!
調べる!探せる!先進医療サーチ
埼玉県救急電話相談
おすすめサイト
会員交流広場

平成31年度税制改正提言活動ー川口市・草加市・地元国会議員へ陳情

2018年12月25日

【川口市へ税制改正提言】 12月25日奥ノ木信夫川口市長を訪問し、平成31年度税制改正提言書を手交しました。併せて、当会の事業活動を小中学校への租税教室や税に関する絵はがきコンクールなど租税教育事業を中心に説明しご理解を頂いた。また奥ノ木市長より今後の市政についてお話しいただきました。その後、議会事

・・・続きを見る

【税制改正ニュース】平成31年度税制改正大綱が閣議決定されました。

2018年12月22日

 政府は12月21日、平成31年度税制改正大綱を閣議決定した。来年10月予定の消費税率10%への引き上げに伴う景気対策が盛り込まれ、自動車や住宅といった高額な耐久消費財の購入や保有にかかる税負担が軽くなる。日本のものづくりやサービスを支える中小企業の発展に向け、個人事業者版事業承継税制の創

・・・続きを見る

【川口市】固定資産税3年間ゼロなど、中小企業の新設備導入への支援措置、受付開始!

2018年07月9日

川口市は、市内で設備投資を行う中小企業者等が、生産性向上のための新たな設備投資を商工会議所や金融機関等の認定経営革新等支援機関のサポートを受けながら「先端設備等導入計画」として作成のうえ、川口市へ申請し、認定を受けることで、①固定資産税3年間ゼロの特例、②国の補助金(ものづくり補助金等)優先採択、③

・・・続きを見る

【中小企業庁】軽減税率対策補助金の申請受付の期限を決定。

2018年02月16日

2018年1月9日 軽減税率対策補助金事務局が公募を行っている軽減税率対策補助金の申請受付の期限を決定しました。   軽減税率対策補助金の申請受付の期限 軽減税率対策補助金の申請受付期限を2019年12月16日(月)とします。 ただし、先般よりお知らせしていたとおり、複数税率対応レジおよび

・・・続きを見る

【税制改正提言活動】川口市長へ平成30年度・税制改正提言活動

2018年02月8日

2月8日(木)須賀会長、稲垣副会長、太田副会長、増田副会長、早船副会長、野口理事(市議会議員)、吉澤局長の7名が川口市役所市長室を訪問し、平成30年度税制改正提言書をわたし法人会の要望を行いました。 2月4日川口市長選に二期目当選直後の日程での訪問となりました。1月19日に加藤税制委員長と吉澤局長で

・・・続きを見る

【税制改正ニュース】中小企業・小規模事業者の税制改正概要

2017年12月28日

  【中小企業庁】 平成30年度与党税制改正大綱における、中小企業・小規模事業者に関する税制改正の概要を公表します。 概要 平成30年度税制改正(中小企業・小規模事業者向け)では、事業承継税制の抜本拡充や、新規の設備投資に係る固定資産税の減免を可能にする特例措置の創設、賃上げ支援の深掘りを行います。

・・・続きを見る

【税制改正ニュース】平成30年度 税制改正の大綱が閣議決定(主な改正事項抜粋要約)

2017年12月23日

平成30年度 税制改正の大綱が決定 (平成29年12月22日閣議決定の主な内容) 働き方の多様化を踏まえ、様々な形で働く人をあまねく応援する等の観点から個人所得課税の見直しを行うとともに、デフレ脱却と経済再生に向け、賃上げ・生産性向 上のための税制上の措置及び地域の中小企業の設備投資を促進するための

・・・続きを見る

【税制改正提言活動】草加市長、草加市議会正副議長へ税制改正提言陳情活動

2017年12月21日

  平成29年12月21日 草加市役所・市長応接室 草加市長 田中和明 氏 (川口法人会) 須賀会長、清水副会長(草加第六支部長) 加藤税制委員長、木村税制委員 吉澤事務局長     平成29年12月21日 草加市役所・議会事務局 草加市議会議長  切敷光雄 氏 草加市議会副議長 井手大喜

・・・続きを見る

【税制改正ニュース】平成30年度税制改正大綱原案を発表―与党

2017年12月15日

与党の平成30年度税制改正大綱原案の主な概要は次のとおり。 【個人所得課税の見直し】 ①給与所得控除額を一律10万円引き下げる。 ②給与等の収入金額が850万円を超える場合の給与所得控除額を195万円に引き下げる。23歳未満の扶養親族を有する者や特別障害者である同一生計配偶者若しくは扶養親族を有する

・・・続きを見る

【税制改正ニュース】事業承継時の相続税全額猶予へ=中小企業の代替わり支援ー政府・与党

2017年12月13日

政府・与党は、平成30年度税制改正で、非上場企業の株式をオーナー経営者から後継者が引き継ぐ際の相続税を全額猶予する方向で最終調整に入った。10年間の時限措置として実施し、経営者の高齢化が進む中小企業の代替わりを支援する。自民・公明等の税制調査会の協議を踏まえ、来年度税制改正大綱に盛り込む。 法人会が

・・・続きを見る

1 2